新しい方法


    水を飲む女性

  • 小陰唇縮小手術では、近年ではメスを使用した切開手術に加え、レーザーを使った手術方法も話題となっています。レーザーを使った手術方法は、手術を受ける女性に痛みや出血といった負担を与えず治療が行えるため、メスによる治療に不安を感じる人も安心して利用することができるでしょう。レーザーによる施術では、レーザーを照射することにより、肥大化した小陰唇を切除することができます。レーザーでの処置ということで、多くの女性は火傷などの症状が現れるのでは、と考えるものでしょう。しかし、レーザーによる治療では安全性に細心の注意を払っているため、火傷などの症状に見舞われることはありません。また、こうしたレーザー治療は熱によって出血も抑えられるため、通常のメスによる切開と比べ、ダウンタイムが少ないといった利点が得られるのです。出血も少ないため、入院などの必要もなく、施術後は日帰りで帰宅することも可能です。普段の生活が忙しいため、こうした手術を行う事に二の足を踏んでいる人であっても、利用することができるでしょう。

    こうしたレーザー手術は、小陰唇縮小手術において、精緻な施術ができるとして多く利用されています。通常のメスを使用した施術よりも、細かい場所を正確に切除できるとして、小陰唇縮小手術でも仕上がりに高い評価があるのです。小陰唇縮小手術では、大きさを縮小させる事以外にも左右の形状を整える事も重要なことです。レーザーによる施術を行うことで、左右をほぼ対称になるように施術が行えるため、手術を受けた多くの女性から仕上がりについて高い評価を受けているのです。